ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ、今夜あたり台風がやって来ます。
何事も無ければ良いのですが・・・
200707141112000.jpg

少し前に紹介した灰皿ですが、前回とは少しだけ?かなり違っています。
わかります?

写真では解りにくいのですが
これが前回の写真です。
20070705174227.jpg

そして、今回の写真です。
070714_1942~0001.jpg

解ります?
色が黒く成っています。(かなり良い感じの色に成っています)

これは「漆塗り」です。(焼き付け)

ここまでで気が付いた人は、かなり病気です。
今回、灰皿を漆塗りにしたのは、テストのためです。
鋳物で出来ているこの灰皿を、ダッチオーブンに見立ててのテストです。
スノーピークの「ぶんぶく」http://seppou.jp/03seppou.htmlを見て、友人米戸氏が「これを、やってみよう」と言う事になり、私がテスト材料に灰皿を提供したのです。
したがって、これは米戸氏作です。
焼いた鋳物に漆を塗り込む作業は大変な作業だと思うのですが・・・
彼には簡単だったそうです。(彼は漆に強い)
このテストに気を良くした彼は、今日ダッチオーブンを買って来ました。(笑)

漆に負けない自信が有れば挑戦してみて下さい。
わずかな時間で「ブラックポット」に成りますよ。






シーズニングをすると思っていたら、漆塗りですか~。
これは想像できなかったな~。
私も漆処理が気に入って「ぶんぶく」を購入したのですが、油でシーズニングしたダッチオーヴンと違い油臭くないんですよね。
ですから味の繊細な料理は「ぶんぶく」で調理しています。
でも焦げ目などをたわしでこすってきたせいか、だんだん漆がはがれてきたようです。
錆び付かないように油を塗ることになってしまいましたが、修復はできるのでしょうか?
【2007/07/15 21:30】 URL | 写風人 #-[ 編集]

写風人さん
「ぶんぶく」の再生は出来ると思いますよ。
漆で検索すると、チューブに入った漆が売っています。
その漆を塗ってから加熱するか、加熱してから塗るかはどちらが良いのか解りませんが、今回は加熱してから塗りました。
試して見てください。
くれぐれも、漆に気を付けて下さい、負けると大変ですから。
それと、漆は湿気で硬化しますから今の時期に使うのが良いですよ。
【2007/07/16 20:15】 URL | 外道s #5AXDTSnc[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 外道s隊長の日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。