ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪ストーブ生活が始まったときに、必然的に必要になって、まずは1本実家から貰ってきた、それが始まりだった。
20070112201852.jpg

上から5番目のそれは、私がまだ小さいころ父親がこの斧でを割りお風呂を炊いていた。
次は、上から3番目、これは仕事場の親方から貰った、使い心地がとても良い、お気に入りだ。
4番目は、ブレードがとても厚いので小割り用にしている。
2番目は、敬愛する田淵 義男 先生が「ホルツ・ブルック」が、なかなか良いと、言っていたので欲しかったが、近くに売って無かったので同じタイプのハスクバーナを買ってみた、格好いいのだが割りには向いてないと思う。
そして1番目は、去年手に入れた「グレンスフォシュ」のsplitting wedgeだ。
これは良い、を割るには最強だろう楔も打てるし言う事なしだ。
少し重たいけどね。
1番下は、ベトナムで戦うために?ジャングルで?インデアン???
ちなみに、3~5は柄の部分は自分で作ったのでまだ色が白い。
まだまだ、増えて行くだろうな。







私もホームセンターの斧・ハスクバーナー・グレンスフォッシュの順に増えていきました。グレンスフォッシュを使うと他は使えませんね。
3本の斧の柄は自作なんですか?へぇー器用なんですね。だから薪ストーブも作ろうなんて発想になるんですね!
【2007/01/12 23:00】 URL | 写風人 #-[ 編集]

私、いちを木工を生業にしてますから、お手の物ですが斧の柄はなかなか、難しい出す。
【2007/01/12 23:16】 URL | gedous #5AXDTSnc[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 外道s隊長の日記, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。